【 日々のちょっとした出来事などはツイッターで呟いています 】わかたくのTwitter

2017年9月16日土曜日

2017年9月 筑波ツーリストトロフィーTN1クラス優勝

おまじないバナナ (*´з`)

2017年9月9日(土)、今年参戦を始めた筑波ツーリストトロフィーの第3戦目が行われ、今回もKTM690DUKE-Rでターミネーターズ1(TN1)クラスに参戦してきました。

第1戦 ポールtoウィン (詳細はこちら
第2戦 ポールtoウィン (詳細はこちら

という、とても嬉しい結果に続き、、、

なんと今回もポールtoウィンで、今年度のTN1クラスのシリーズをパーフェクトに飾る事が出来ました!!!

とうぜんシリーズチャンピオンも獲得です。たとえ筑波サーキットのローカル草レースとはいえ、パーフェクトでチャンピオン獲得というのはそう簡単に取れるものではないですし、僕のバイク人生において素敵な1ページを飾れました ♪(*´ω`*)

● 当日レース前準備
さすがに2戦をこなしているので、それほどバタバタせず準備を進められました。今回は、毎回手伝ってくれているグッドスピードの大間さん自身がFT2クラスにエントリーしていて忙しくなりそうだったので、サコちゃんにもお手伝いをお願いしての参戦です。
車検でちょっと指摘を受けましたが、サクッと対処して準備は概ね問題なし。予選に備えます。今回は『おまじない』と称してバナナのお守りも(笑)



● 予選タイムアタック
ポールを狙うのはもちろん、前回の自分を超える事を目標としてアタックに。MS1とNS1との混走なのですが、今回はかなり参加者のペースのばらつきが大きく、クリアラップがなかなか取れずでした。
とはいえ、1ラップアタック(グンちゃん方式)は得意な方なので、その一瞬を待ちつつ周回です。

4周目か5周目か、バックストレートで前方がクリアなのが確認できたので、そこで集中してアタック。今回の目標は1分3秒台はマスト、前回を越すという意味で3秒8台を想定して走りました。
結果としては1分3秒689という記録。これはクラスレコードに近いタイムでして、自分的にも上出来でした ♪


そんな予選ラップを、セッティングデータを添えてアップしました。エンジンはKTMパワーパーツのみ、足回りは690DUKE-R純正のままセットアップしただけ、この状態としては結構頑張った方だと思います。自画自賛ですww
690DUKE-Rで筑波サーキットを走っている皆さん、多少なり参考にして頂ければ幸いです。来年はクラスレコード狙いたいですね ♪



● 決勝レース
決勝準備は、大間さんを筆頭にグッドスピードの皆さん&サコちゃんに準備を丸投げして、かなり楽をさせて頂きました。スタート前準備もスムーズで、第1戦の頃がウソのようです。(;・∀・)

グリッドでは大間さんのツレのゆりちゃんが傘も差してくれたし、念願の『グリッドでわいわい♪』が実現できて感無量
(ノД`)・゜・。

なんせ第1戦は大間さんと二人だけでしたので。詳しくは第1戦のレポートでw

スタートは2番グリッドのゼッケン99、波田さんに1コーナーでインを差され2番手に。その直後、僕のリアタイヤに接触したライダーが転倒、幸い大事には至りませんでしたが、、、この辺の話は後日またブログにて。(^_^;)

波田さんは450コンペモデルベースのモタードなので、馬力的には690DUKE-Rの方が有利です。なので、バックストレートで逆転して1周目はトップで帰ってこれました。

以後は、黄旗やバックマーカーなどでペースは上下しましたが、じわじわと引き離す事が出来て、最終的には3.5秒くらい引き離してトップゴールです ♪

予選と同じく、前回の自分を超えるという目標をクリアするため、今回は4秒ちょいのアベレージで走ろうと意識して最後までペースは落とさず走りました。ただ、上記の通りあまりクリアな状況で走れていなかったので、前回のゴールタイムを上回れたのか微妙だなあ、、、とドキドキ。

前回の記録が『10周:10分48秒955』、今回は、、、
『10周:10分48秒936』!!!

2/100秒更新!(゚∀゚) たとえ極僅かでも、上回った事に意味があるです。予選も決勝も、前回の自分越えを達成できて、こちらも大満足な結果でした。


そんな決勝レースのオンボードも張っておきます。お暇なときにでもどうぞ♪ 今回は各周の状況など、コメントで書いてみます。そんな状況を想定しながら観て頂ければ、多少は面白みがあるかも?ですので (*´з`)
【1周目:1分7秒027】
1コーナーで99波田さんにインを差され、そして波田さんが少しオーバーシュートしたので接触回避でアウトに逃げる。立ち上がって、一瞬バイクが振れる瞬間が接触タイミング。一定の距離で99波田さんを追走し、バックストレートでパス。

【2周目:1分4秒438】
上記接触した方の転倒により1コーナー先で黄旗&白旗。S字は少し速度を落とし、アクシデント地点から距離を取って大回り。たぶん後続に詰められる。以後は通常ペース。

【3周目:1分4秒032】
S字の対処も終わりフラッグ無し、クリアラップ。ここで本日決勝中のベスト。

【4周目:1分4秒317】
想定ペースで走れているものの、決勝中も3秒台を記録しておきたかったので頑張る。しかしダンロップで黄旗。。。諦める。ここも少しペースを落として回避準備意識を持って通過するも、何もない。対処終わったんなら早く黄旗を戻してほしかった(ノД`)・゜・。

【5周目:1分4秒727】
よし、このラップこそ!と思ったらもうバックマーカーが(;・∀・) 1ヘアで交錯するタイミング、そこでインを差そうと思ったが、どうも後方を意識する素振りもなく青旗に気付いていない様子だったので速度をグッと落として様子見。やっぱりインに切り込んできた。落ち着いて、立ち上がりでパス。

【6周目:1分4秒228】
1コーナーで1台、バックストレートで2台、バックマーカーに神経使ってパス。この辺で『なんかクリアに走れない!』と、ちょっとだけ短気の虫が目を出しそうになるw

【7周目:1分4秒518】
改めてクリアラップなのでペースを上げようとするが、アジア~2ヘア間でシフトアップを忘れるという超凡ミス。これちょっとリズム狂ってると思い、3秒台は諦めて落ち着いて走るよう自分に言い聞かせる。そんなラップ。(^_^;)

【8周目:1分4秒252】
クリアラップ。落ち着いて、想定通りの4秒ちょいのラップ。

【9周目:1分4秒367】
また1ヘアでバックマーカーと交錯。落ち着いて、切り込んできても良いように早めに車速を落とすも、今回は気付いた様子。なのでそのままインを回りパス。バックストレートでバックマーカーのスリップを使わせて頂き、4秒ちょいのペースを維持 (*´з`)

【10周目:1分5秒067】
タイミング的には最も影響を受けるダンロップ手前でバックマーカーと交錯。幸い、2位の99波田さんと距離も取れていたので、アジアを立ち上がるまで無理にパスはせず追走。ラップタイムは落ちたが、レースはブッちぎろうと僅差だろうと勝てば良いのですから、無理はしません。無事にトップゴール( ̄▽ ̄)


こんなレースでした♪ 今回はダンロップコーナーのスタンドから撮影していた方がYoutubeにアップして下さっていたので、その動画もご紹介 (*´з`)
レース全体がとてもよく分かる、ありがたい動画です ♪



● 表彰式、その他
今年の全3戦をサポートしてくれた大間さん、改めて本当にありがとう! 当日手伝ってくれたサコちゃんも含めて、ハイタッチしたり抱擁したり、大喜びでした ♪

なんか今回はデカいのばっかりの表彰台。特に3位の冨塚さん、2m近くあるんじゃないの?ってくらいデカいww



お友達のガンちゃんお得意のボルトポーズをパクらせて頂くくらい、素直に喜んでいる僕(笑)


そんなこんなで、終わってみれば全戦ポールtoウィンのシリーズチャンピオン獲得という、参戦初年度から最上級の結果を出せてしまいました。こうなると、結果としてはこれ以上が無いので、かえってプレッシャーから解放されて来年を楽しめそうです ♪

今回も応援に来てくれた皆さん、メンテナンスや部品購入でお世話になった各ショップさん、皆さんにも本当に感謝です。DUKE-Rでの今年を振り返って、後日ちょいちょいとブログをあげますね ♪

という事で。

おめでとう!自分!! 
♪(*´ω`*)♪


※ みんカラで頂いているコメントへのリンク ※

2017年6月20日火曜日

2017年6月 筑波ツーリストトロフィーTN1クラス優勝 ♪


4月の筑波ツーリストトロフィー第1戦に続き、6月の第2戦にも参戦してきました。今回は特にトラブルもなく、前回の忙しさ(前回ブログ参照)がウソのようにスムーズな1日でしたよ。そして結果は、、、

ポール to ウィン (゚∀゚) ♪
2戦連続!!!(゚∀゚) ♪

いやいや、ほんと嬉しいです。そんな筑波ツーリストトロフィー第2戦のレポート、今回も写真&動画レポートでまとめまっす♪



● レース前準備
今回は友人と共同で貸ガレージを確保して参加しました。非常に快適なのですが、コースまでの移動はちょっと遠い、、、うーん、パドック内テントと一長一短ですね。次回どうしよう、悩むw

しっかりと身体を伏せられるように、今回はカメラを左にオフセットして設置しました。しかしこのGoProさん、ケースが振動に負けてしまってすぐにクラックが入ります。。。今回3個目ですが、レース中にまたクラック。映像ブレブレ。ちょっと解決策が見い出せず悩み中 (^_^;)



● 予選タイムアタック
今回も、てつおさんを引っ張ると宣言して、二人で予選アタックへ。実はその後ろに長谷川さんも付いてたのは後で知りました(笑)が、この時点でもうレース始まっている様なものですね。

結果、ギリギリ3秒台に突入してポールポジション獲得です (・∀・)♪
9月には3秒台まで伸ばしたいと思っていましたが、前倒しして達成できちゃったです。。。9月どうしようw
てつおさんも3位で、2人揃ってフロントローです、嬉しい ♪

そんな予選の模様をオンボード映像でどうぞ。4周目の終わりに、次の周回からアタックしようと攻めすぎて、最終コーナー立ち上がりでイン側の縁石を踏むというちょっとしたミスがありました。結構ビックリでしたけどw、転ばないで良かった(;・∀・)
5周目に4秒0、6周目に3秒9、タイヤがもったいないしタイム的にも十分自己目標を達成したので早々に予選終わらせました。まあ、結果ポールでしたので良かった♪



● 決勝レース
今回は大間さんに加え、スターワークスの澤田さんにもピットクルーを手伝って頂いたので、なんと二人もグリッド上に居ます!前回と大違い!(・∀・)
荷物運びのワゴンも導入したし、あとは傘を差してくれる可愛いお姉さんが居れば完璧です。大募集w

今回のグリッドガールさんは浴衣でございましたよ、カワエエなあ(*´ω`*)

今回はちょっとスタートをミスしましたがなんとかホールショット。トップで1周目を帰ってきました。上位勢の皆さんは予選が4秒台中盤~後半だったので、4秒台キープは必須。個人的には4秒台中盤をキープして、トータル10分50秒を切る事を目標に走っていました。(前回が10分52秒9)

しかし、レース中盤になっても長谷川選手が真後ろにピタリと張り付く展開に。

今回は天候が素晴らし過ぎて、路面温度が53度にまで上昇していたんです。この状況での連続周回って、690DUKE-Rではまだ未経験ですので、タイヤのグリップ感やその変化度合いがまったく未知数なため、少し抑え気味に走っていたのは事実ですが、ちょっと長谷川選手を甘く見ていたようです。そりゃねえ、このTN1クラスで百戦錬磨の達人ですもん、前回はスタートミスか何か?で、上位には上がって来ていませんでしたが、クリアな状況ならそんな簡単に離れる訳がないです。

とはいえ、レース後半になってもグリップ感はしっかり感じられていましたので、アベレージをちょっと上げようとムチを入れました。結果として、最後は少し引き離して勝つことが出来たのでね、まあ、一応、そんな自分を褒めてあげましたです (*´з`)♪


そんな決勝のオンボードもどうぞ。

また、今回は1ヘアスタンドからレースの模様を撮影していた方がYoutubeにアップして下さっていたので、そちらも紹介しちゃいます。レースの雰囲気が分かるかと。
シモさんの実況も入っていて、分かりやすいですよん。(*´ω`*)


結果、トータル10分50秒切りも達成できましたし、前回よりレースタイム4秒短縮。このターミネーターズ1クラスの10周レース、過去に数回しか10分50秒切りのレースが無いので、僕ちゃん結構嬉しいのでございますよ。次回は更に自分超えを!



● 表彰式、その他
第1戦、第2戦、共にポールtoウィンという素晴らしい結果で締めくくれました。筑波ツーリストトロフィーは年間3戦なので、残すは最後の第3戦。。。逆に緊張する(^_^;)

まあ、やれるだけやるしかないっす♪

僕の尊敬するイベントMC、シモさんとも喜びを分かち合えてうれしい限り。絶対この人、大物になるですよ。大好きです♪

てつおさん、今回は公式に4秒台の記録が残ったし、しっかりと3位表彰台を獲得できたし、改めておめでとうございます♪

最終戦はワンツーで決めましょうね!

選手権のJSBクラスを目標に頑張っているシンジも、無事に2秒台を記録して筑波TTのNBクラスは卒業です、おめでとう ♪

そして、S-1GPでバチバチやっていた折れ太くんも、筑波初レース。バイアスタイヤのFT2クラスで、車両ハンデもあったけど良いレースでした。スタートミスが無ければなあ、、、(^_^;)
ま、次だ次!期待してまっす♪


そして、今回も沢山の友人が応援&お手伝いに来てくれました。特に、久し振りのぬまっち、ハナちゃん、作業のお手伝いもしてくれてありがとう! 柴ちゃん、トッシーさん、写真ありがとう! TGTさん、枯れ木さん、S-1GPも含めていつも応援ありがとう!

他にも、トミン走行前に寄ってくれたボラちゃんや、いつも背中を押してくれる麻布猫さん他、多くの皆さんとワイワイ出来て楽しかったです♪

次戦は9月9日(土)です。改めて頑張るぞ。(・∀・)



※ みんカラで頂いているコメントへのリンク ※

2017年4月26日水曜日

2017年4月 筑波ツーリストトロフィーTN1クラスに初参加&優勝 ♪

みんなありがとう!!!

2017年4月22日(土)、筑波サーキットで行われている筑波ツーリストトロフィーのTN1クラスに、KTM690DUKE-Rで参加してきました。結果を先に書いちゃおう。

ポール to ウィン (゚∀゚) ♪

勝ちたいな、とは思っていましたが、まさか初戦で勝ってしまうとは自分でも想定外でした。まあ、状況が味方した面もありますし、逆に状況に苦しめられた面もありますし、今回は決勝レースがスタートする瞬間までドッタバタだったので、そんな経緯も含めてまとめておきます。

長くなるよ?(笑)



● 事前練習(ここは順調)
元々、出張仕事が続いてほとんど練習には行けない状況だったのですが、前週の仕事がキャンセルで飛んだので、チャンスとばかりに筑波に練習に行ってきました。
走るたびに昔の感覚が戻ってきて、最終的には1分4秒台前半~中盤でラップできるくらいにはなれたので、これはもしかしてトップ争いできるかな?と、この時は思ったわけであります。( ̄▽ ̄)

そんな練習走行のラップがこんな感じです。4秒前半で連続周回 ♪
この時は本当に順調でヘラヘラしていました。さてそれではいよいよ、初めての筑波ツーリストトロフィーTN1クラス参戦、ドタバタ劇の始まりですw



● 当日レースに向かう(ドタバタその1)
前日夜に出張から戻り、あれこれと所用を済ませたらもう24時を回っていたため、『サッサと現地に行って仮眠を取ろう』という事で筑波サーキットに向かった訳ですが。現地について朝からの段取りを、、、なんて思って荷物を見ていたら。

・・・参加受理書が無い(怒)

いくら探しても無い。これ完全に自宅に忘れた。なんだかよくわからない奇声をあげながら自宅まで戻り、案の定テーブルに置きっぱなしの受理書を持ち、また筑波サーキットに戻ったころにはもう夜明け。(ノД`)・゜・。

結局、徹夜で筑波の初レースを迎える事になっちゃいました。(^_^;)



● 予選前準備(ドタバタその2)
なんせ初参加なのでスケジュール進行のサジ加減がまったく分からず、受付、車検、走行前段取りなど、そりゃもうドッタバタでした。
今回は、グッドスピードの大間さんにピットクルーをお願いしたのですが、結果論で言うとピットクルー1人は無謀ですw

特に、僕が参加するTN1クラスは全体の2番目という早い時間帯のため、予選出走が8:20という時間。大間さん、アホみたいに忙しくて大変だったと思います、改めて感謝感激ありがとうございました!(;・∀・)

予選出走ギリギリでなんとか準備が間に合ってグッタリの図。この時は、更にドタバタが続くなんて当然思ってもなく、一安心しきっていました。



● 予選タイムアタック(ドタバタその3)
何があったのかというと、他車が吹いてしまったオイルに乗って、僅か3周目の最終コーナーで吹っ飛びました。(ノД`)・゜・。

写真は最終のグラベルを転がるDUKE-Rくん。初戦だし、転ぶほど攻めるつもりもなかったし、タイムも出せていないし、最終コーナーでの転倒なので、車両修復は絶望的かなとこの時は思いましたし、、、僕の筑波ツーリストトロフィー初戦は、僅か3周で終了だと。そりゃ思いますって。

でもね、車両を見たらなんかイケそうな気がしてきて、マーシャルさんに『頑張って直します!』とか宣言しちゃったりね(笑) そんな一部始終まで含めてオンボード動画をアップしました。オイルに乗るとスコーンとあっけなく転倒しちゃう様子、経験のない方はぜひ見てみて下さい。まあ、見たところで対処出来る訳じゃないですけど(^_^;)
ずっこけたカメラさん、転倒後も美味しい絵を撮影してくれていました。優秀だw



● 車両修復(ドタバタその4)
エンジンガードやスライダーのおかげでエンジン周りに傷は無し。オイルや水も漏れていない。ハンドルやマフラーステーは曲がったけど直せるし、フォークは無傷だし、破損は右ステップバーのみ。奇跡的に被害が最小限でした。

ただし、グラベルを転がったので車両は泥と砂利まみれ。本当は全バラして綺麗にしないとまずいけど、そんな時間はない。

でも決勝を走れる兆しは見えていたので、予選戻ってから速攻でまず洗車しました。バラせる範囲までバラして、砂利は水圧で吹っ飛ばすとかドライバーでかき出すとか、出来る限りやって、あれやってこれやって、ウォームアップ場ですべての動作確認をして、なんとか間に合わせられました。

大間さんはじめ、観戦に来てくれていた友人総動員で修復を手伝ってくれました。自分、自他ともに認める短気の怒りんぼさんなので、キツイ言い方をしちゃった場面もあって大変申し訳なかったですが、本当に皆が手伝ってくれなきゃ決勝を走れませんでした。改めてお礼を言います。

本当に皆ありがとう!
m(__)m

ちなみに、予選は例のオイルが全周に渡って出ていたらしく赤旗中断。処理後に10分程度再開されたようですが、皆さんまともにアタックは出来なかったようで、、、なんと僕が2周目に記録したタイムがポールポジションでした。絶対に後方グリッドだと思っていたので、なんともびっくりw

5秒台という全然普通なタイムだったんですけどね。前向きに修復頑張った僕達に、ちょっとだけ神様がご褒美くれた気分でした ♪



● スタート前進行(ドタバタその5)
本当にギリギリで修復を間に合わせ、出走前の車両チェックに飛び込んで、タイヤウォーマーも十分に掛けられず、、、そして大間さん1人でテンヤワンヤw

他のグリッドは複数名でワイワイ楽しそうにしている中、大間さんと僕の二人だけ。とっても質素なポールポジションですw

ぽつーん…ww

しょうがないから自撮りして遊んでましたw

最後は、見るに見かねて?w 麻布猫さんが撤収を手伝いに来てくれてなんとかなりましたが、、、これ次回以降は最低でも2人はピットクルーお願いしないと無理ですね。今回は本当に苦労かけてごめんなさい大間さん(;・∀・)

さあ、そんなこんなでいよいよフォーメーションラップに出ていき、オイル処理の状況を確認したり。そして、短時間しかウォーマー掛けられなかったのにしっかりグリップ感が返ってくるタイヤにちょっと安心したり。GETHOTのタイヤウォーマー本当に優秀です(*´з`)♪



● 苦悩追加(ドタバタその6)
そんなフォーメーションラップでも、まだドタバタの名残が僕を襲ってきます。修復時にハンドルをブッ叩いて直した影響でスロットルホルダーが僅かに歪んでいたのか、なにはともあれフォーメーションラップを走り出して僕ちゃん驚愕。

『時々オートクルーズなんですけど…』

スロットルが引っかかったり、大丈夫だったり。これ修復時は大丈夫だったし、出走前車検でも大丈夫だったし。結果、後車検でも大丈夫だったみたいんなんですが、引っかかるもんは引っかかる。ここまで修復頑張ったのに、ちょっと泣きそうになりました。
一瞬、ピットに入ってリタイヤしようかと考えましたが、ブレーキングポイントの少し手前で手動強制オフすればなんとか走れるので、、、とにかくもうレースだし、そのままグリッドに着きましたです。

本当ならこれ整備不良です。ゴメンナサイ(;・∀・)



● 決勝レース(超順調)
そんなこんなで、やっと決勝のスタート。そして、ここまでの紆余曲折をすべて清算してくれたかのように、決勝レースはすべてが超順調でした。(*´ω`*)

フォーメーションラップ時にスタート練習したらピョコピョコとウィリーしちゃって大失敗。
もう、無理せず普通に走りだそうと臨んだ本番は、超スムーズにスタートダッシュを決められました( *˙ω˙*)و グッ!

ぶつからない様に後方確認。おお!本当に飛び出してる!横並びにすらなっていない!オレ様すごい!ww


タイヤのグリップ感は問題なく、1周目から程よいペースで走れました。やっぱりGETHOT最高(*´з`)♪ オイル処理痕を用心しながら&早めのスロットル強制オフ(汗)しながら、という走行なので4秒後半~5秒フラット付近での周回でしたが、毎周バックストレートで後方確認していたらドンドン後続が離れていくので、途中からは無理してペースは上げず、距離を保ってコントロール走行できる余裕までありました。

単独走行なので面白みに欠けますが、そんな決勝のオンボード動画です。
ここまでの苦労が最高の形で報われました。いや本当に嬉しい(*´ω`*)♪ 



● 表彰式(もうドタバタ無しw)
結果だけ見れば初参加で優勝。でもその過程は本当に大変なレースでした。まあでも終わってしまえば、いつものアホな僕ですw


そんな表彰式の様子を、みっち~さんが気を利かせて撮影してくれていました。せっかくなのでそんな動画もアップしちゃいます。動画のせまくり♪


● あとがき
今回の初参加で、てつおさんはじめ、同じTN1クラスに出場する方々とご挨拶も出来たし、レースとしてもとても嬉しい結果に終わりましたが、今回は大間さんはじめ、観戦に来てくれた友人みんなが居なければ修復が間に合わず決勝を走れませんでした。
そういう意味では、とってもクサイ表現で恐縮ではありますけども、この勝利は皆の勝利です。本当にそう思っています。

心から感謝。本当にありがとう!!!

・・・次回はピットクルーも頼むよ、みんなw



※ みんカラで頂いているコメントへのリンク ※

2017年2月28日火曜日

2017年第2回の梨本塾に参加

KTMうぇーい(゚∀゚)♪

今回のブログは早いですよ!w いやまあ、ちょうど時間が取れたからサッサとブログにしてしまいましょう ♪

一昨日の2017年2月26日、トミンモーターランドで行われている梨本塾に参加させて頂きました。昨年の10月に初参加した時は、タイムアタック前に転んで記録なし、決勝レースとなるK-RUNにも不参加という最低な状況でしたので、今回は楽しみつつも無理に攻めず、無転倒で完走することを一番の目標に掲げての参加です。(^_^;)


今回は、てつおさんも参加できるという事で、KTM690DUKE-Rを2台並べてニヤニヤしつつ勝負は勝負。
同じタイミングで走るとベストタイム0.1秒前後負けるという前回の状況を打破したいと思いつつも、今日は無理しないと決めているので、結果はあまり気にせず落ち着いて走ろうと心に決めてスタートです。


● フリー走行1本目
朝はまだ路面温度が10度ちょい。この季節としては悪くないコンディションですが走り始めなので十分に安全マージンをとっての走行。でもすぐに27秒前半で周回できる。あれー?無理しないとすんなりタイム出る?みたいな走り出しでした。
最後に1周、ちょっとペースを上げたら26.8秒。ほぼ自己ベストですww


● フリー走行2本目
よく考えたら、CUPキット入って6~7PS上がっているんだから以前より速くなっていて当然なんですよね。という事で、路面温度も15度程度まで上がっていたので、無理はしないけど落ち着いて走れる範囲でペース上げてみました。
結果、更にタイム更新して26.6秒。簡単に自己ベスト更新しちゃいました。


● 予選タイムアタック
ここまで、本当に無理はしていないしタイヤも不安なし。先週の茂原でフィーリングの良かったサスペンションセットはトミンでも良好な反応でした。ということで、絶対に無理はしないけど、『今できる範囲で』という気持ちでタイムアタックへ。

あーれー?w
さすがに26秒前半まで突入するとは思っていなかったので、これは自分の想定より速いタイムです。でも本当に無理はしていないんです。(;・∀・)

梨本塾でキングと呼ばれるオトコ、篠塚さんをも上回って、まさかのポールポジション獲得ですよ!あら嬉しい ♪


訳がわからないまま出ちゃったタイムではなく、ちゃんと落ち着て2周連続で走って、その2周とも26.4秒台でした。という動画も残しておきます。自分で言っちゃいますが、なんだか僕ちゃん、程々には上手みたい (*´з`)
ファイナルは純正の16-40のままです。ご参考までに ♪


● K-RUN(決勝レース)Aクラス
そんな訳でポールポジションからスタートする事になった訳ですが、ここで大きな問題が。690DUKE-Rでのグリッドスタートなんてまったくフィーリング掴んでいませんw
スタート進行を伺うと、タイヤ熱入れのフリー走行を数分実施した後にすぐスタートするとの事で、練習するタイミングなどまったく取れず。(;・∀・)

結果。当然ながらスタート失敗( ノД`)シクシク…笑

でもなんとか2位で踏みとどまり、そのまま2位でゴールできました ♪ スタートでトップに出たキング篠塚さんにも引き離されずついて行けたし、たぶんフリーに走れていたら、更に自己ベストを更新出来ていたんじゃないかと思えるほど良いフィーリングでしたよ。そんなK-RUNのオンボードもちゃんと記録として残しておきます ♪
17周目の3コーナー(帝王コーナー)でギア抜けてビックリした以外は、とても楽しく気持ちよく走れました。26秒中盤~後半のアベレージで走れましたよん (*´ω`*)

てつおさんは僕の真後ろ、3位でゴールでした。

今回は必死に勝ちを狙っていた訳ではないですので、優勝できなかった悔しさなんてものはさほどありません。そりゃあ優勝できれば嬉しいですけど、今回の目標はソコではないのでね。それよりも、てつおさんの前でゴールできたことが嬉しかったり♪ 次はリベンジされちゃうんだろうなあww


● 軽くまとめ
今回のセットアップは、なかなか自分的に良い落としどころだったと思われるので、近々にブログで記録を残しますね。
また、梨本塾に関してはなんとなく先入観で、村意識みたいなのが強くて一見さんは輪の中に加わりにくい空気なのかな?なんて思っていたのですが、、、とんでもない! とても良い雰囲気で、初参加の人も楽しく過ごせる良いイベントだと再認識しました。先入観で勝手な印象を持っていて大変失礼でございましたよ、、、大反省 (^_^;)

毎月は無理かもしれませんが、またちょいちょい参加したいイベントです ♪
参加した皆さん、おつかれさまでした!(誰もみていないでしょうけどw)



※ みんカラで頂いているコメントへのリンク ※

2017年2月24日金曜日

茂原東モトブレイク(2017/2/19)でベスト更新 ♪


2017年も気付けばもう2月後半。早いですねえ~(^_^;)

S-1GPは3月5日(日)に第1戦を迎えるというのに、まだ今年は一度もPCXでサーキットを走っていないというダラダラモードは横に置いといてw、友人がモトブレイクで走るというので、2017年2月19日(日)の茂原東モトブレイクに遊びに行ってきました。

中級を走るヒロ君に対しては冷やかししか出来ません(笑)が、同じ上級枠を走るミヨシ君とハナワ君、どちらも50秒前後がベストタイムなので、追走したり引っ張ったりしてタイム更新のお手伝いでもしましょうかね、という事で ♪
結果、この日は二人ともにベストを更新できたようで、他人事ながら嬉しい一日でした。
まあでもキミタチ、SSに乗っているんだから690DUKE-Rごときはサッサと抜く勢いで頑張って下さいよ?( ̄▽ ̄)

午前中は風が強かったのですが昼頃には風も止み、午後は日差しで路面温度も20度を超えるなど、この時期としては良好なコンディションで後半は楽しく走れましたよ。



● 偶然、世界のキッシーと遭遇
この日は嬉しい偶然がありまして、岸田さん(写真右)が虎之進選手のトレーニングに同行してモトブレイクに来ていました。虎之進選手に関しては、また改めて ♪

岸田さんが乗っていた車両は、12インチの車体にCRF250Rのエンジンを載せたハイパーミニと呼ばれる車両で、ちょっと気持ち悪い速さの車両ですw。

前回走行時に49秒台、この日も午前中は49秒台、午後は48秒台に入れようという話をしていたらしく、午後イチに世界のキッシー(岸田さんねw)と喋っていたところ、『ワカタクさんベスト48秒台なの?ぐふふ、よし一緒に走ろう!(゚∀゚)』という話に。

前述の通り、この日は友人の冷やかしが目的であまりアタックする気で来ていなかったのですが、こんな状況になってしまい頑張らざるを得ないという流れ (;・∀・)

そもそも、この茂原東ではレースは無くタイムアタックのみなので、僕はアタックとクールダウンを繰り返す様な走り方しかしておらず、ハイペースの連続周回って実は未経験だったりします。ま、なるようにしかならんって事でね(笑)

映像は無いので、文面で雰囲気を記録しておきます (*´ω`*) ♪
39周目 コースイン(僕がキッシーの前)
40周目 早速ペースを上げる
41周目 頑張って逃げるが逃げられないw
42周目 ハナワ君と交錯、キッシー様に張り付かれる
43周目 ムチ入れる(ここでベストタイム)
44周目 2コーナーを大回りしてキッシー様に前に出てもらう
45周目 キッシー様を追走。当たり前だが直線は僕が速い
46周目 続けて追走。ホームストレートで抜けそう
47周目 キッシー様を抜く(゚∀゚)
48周目 終了

当然ながら車両は僕が圧倒的に優位なのですが、こんな雰囲気に萌えてワクテカしながら走っちゃった結果、自分もあっさりベストを更新しちゃいました。(・∀・)


● この日のベストラップ最終結果
去年の自己ベストが48.7秒、この日は48.5秒まで更新できました♪ 車両が優位とはいえ、プロも走っている中でトップタイムという結果は素直に嬉しいっす(*´з`)


今年は筑波のツーリストトロフィに690DUKE-Rで出ようという事も考えているし、44歳という年齢に負けず、まだまだスキルアップをしていきたいと考えていたので、とても良い気分でシーズンをスタート出来ましたでっす。

(正月明けのトミンでスコーン…は、記憶を削除しましたw)


※ みんカラで頂いているコメントへのリンク ※